関節痛 原因

関節痛の原因と予防方法についてご紹介しています。
MENU

関節痛の原因と予防方法

膝痛い

 

関節痛は、様々な原因により起こりやすくなってきます。年を重ねても自分の足で歩いたり走ったりするためには、原因を知ったうえで効果的な予防方法を行うようにしましょう

 

■老化によって関節痛が起こる

人の体は、年齢を重ねるごとに老化してしまいます。関節も年齢ごとにすり減りやすくなってしまい、痛みが起こりやすくなるのです。関節の摩擦を防止するためにもコラーゲンやコンドロイチンを摂取してみるとよいでしょう。

 

関節周辺にはコラーゲンが存在しており、関節同士の摩擦の緩和を行っています。その結果として傷みなく動くことができますが、年を重ねるごとに関節周辺に存在していたコラーゲン量がどんどん低下してしまうのです。

 

老化により関節痛が起こっている人は、食事でコラーゲンを摂取してみましょう。肉や魚にはコラーゲンが多く含まれているため、積極的に摂取することで痛みを改善しやすくなっています。食事の内容にあまり気を使っていない人は、今一度その内容を見直してみてください。

 

また、サプリメントでコンドロイチンを摂取することでも、十分な効果を実感することができます。コンドロイチンは食事で摂取することが難しくなっていますが、サプリメントを活用することで、摂取しやすくなってくるのです。

 

関節痛を改善するためには、コラーゲンとコンドロイチンを摂取してみましょう。

 

■体重の管理を行って関節を守ろう

体重が重い人は、関節を守るためにもダイエットに取り組んでみましょう。

 

体重が重いと、歩いたときなど体を動かした際に、関節に全体重がかかってしまいます。この負担に耐えることができなくなると、強い痛みを感じやすくなり本格的な関節痛へとつながってしまうのです。

 

関節の痛みを何とか改善したい人は、体重を減らすためのダイエットに取り組んでみてください。ダイエットを行えば、かかっていた関節への負担を軽減できるようになるため、痛みを感じにくくなってきます。

 

関節痛を改善するためには、歩くことが効果的になりますが、痛みが重度の人や体重が多すぎる高度肥満の人だと、歩くだけでも関節に対する負担が大きくなりすぎてしまいます。

 

この場合には、水泳やプールで歩く運動を行ってみるとよいでしょう。水泳は浮力が存在するため、関節への負担を軽くしながら最大の運動効果を得られるようになってきます。どうしても泳ぐことが苦手な人は、プールで歩くことにより足への負担を軽減できるでしょう。

このページの先頭へ