風邪 関節痛

風邪による関節痛を緩和、改善する方法についてご紹介しています。
MENU

風邪による関節痛を緩和するためには

膝痛い

 

風邪になるといろいろな辛い症状が起こりますね。鼻水や頭痛など。そして辛い症状の一つには関節痛もあります。風邪をひいた時に起こる症状の原因の多くはウイルスや細菌が関係します。しかし、関節痛は違います。

 

・風邪をひいた時に起こる関節痛の原因

風邪をひいた時に起こる関節痛の原因になるのは、体内で分泌されるPGE2と言う物質が関係しています。ウイルスや細菌が体の中に侵入してくると、白血球が働きサイトカイ二ンと言う成分が分泌されます。

 

この成分は体をウイルスから保護するために必要になるのですが、過剰に分泌されてしまう事があるのです。

 

必要以上の分泌は臓器の機能を落としてしまう可能性があります。ですからサイトカイニンの生成を抑える必要があります。その時に分泌されるのがPGE2です。

 

ですが、問題点としてはこのPGE2には関節痛を引き起こしたり熱を起こす作用もあるのです。

 

つまりは熱を出した時に起こる関節の痛みは体の免疫細胞がウイルスと格闘している証拠なのです。

 

・風邪により起こる関節痛をどう対処するか

風邪による関節痛の場合は免疫細胞が働いているわけですから、痛みを止める処置をするよりも風邪を治す事が大事です。

 

風邪薬の中には関節痛に有効に働くものもありますから、薬を選ぶ時に関節痛に働く成分が入っているものを選ぶのも手です。

 

また、ペパーミントやラベンダーを配合しているアロマオイルも痛みを抑える効果を期待できるので使ってみるといいでしょう。

 

ちなみに関節痛の時に湿布を貼る人がいますが、風邪の時に起こる関節痛の場合は、免疫力を高めているから起こる痛みですから、湿布を貼ってみても、多少痛みがなくなるくらいの事で、根本的な解決にはなりません。

 

風邪による関節痛を早く治すには、何よりも早く風邪自体を治す事です。それからお風呂に入ると関節痛に効果的です。お風呂に入る事により体温が上がりますが、体温が1度上昇する事により、免疫力も上がります。

 

この事で風邪ウイルスを早く倒す事に繋がります。さらにお風呂に入ること自体で関節痛も和らぎます。また、もしもインフルエンザに感染している時にもインフルエンザの治療により関節痛は優しくなりますから、医療機関を受診して抗インフルエンザの薬をもらいましょう。

 

また、風邪により起こる鼻水や熱、咳などの症状は治まっているのに、関節痛だけが残るという時には、膠原病などの重病が潜んでいる事もあります。もしも、長引くようなら医療機関に行きましょう。

 

風邪による関節痛はできるだけ早くに風邪そのものを治す事が楽になる一番の近道です。

このページの先頭へ